FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本債券がやがてハイリスク資産になる

現在、マネー雑誌やインデックス投資本のほとんどが、リスクを減らす為に日本債券クラスにも投資することを薦めている。過去のデータから見れば、最もリスクが低い資産クラスだったことが理由である。

筆者は元々、この考え方には反対だった。筆者は「人的資本という円建て疑似債券があるのだから、投資は全額株式で」という橘玲氏の考えを支持している。何より、現在のような利回りが低い時期に債券投資するのは、明らかに非効率な行為であるからだ。あと個人向け国債も、日本債券ファンドも、ボッタクリ商品しか無いしね。

しかし最近になって、日本債券クラスは「投資すべきではない」どころか「絶対に投資しちゃいけない」とすら思えてきた。日本の財政再建がままならず、このまま行けば近い将来、国債の買い手が枯渇して債券価格が暴落(金利が急騰)する可能性が高まってきたからだ。

日本の場合、財政破綻しても、巷の恐怖本のような「預金封鎖」だの「資産没収」だのが行われる可能性はほとんど無いだろう。日本の借金は、95%が日本国内で消化されているので、日銀にカネを刷らせて国債を買わせることで、簡単に解決するからだ。

但し、その代償として大幅なインフレ&円安が起こる訳だ。既発債の価格は暴落するから、その時点で日本国債を持っている人は、大幅な損失を被ることになるだろう。今、日本債券クラスに投資するのは、いつ破裂するか分からない巨大風船を抱え込むようなものだ。しかも、持っていた所で利息は無いに等しいのだから始末に負えない。

通常、破綻の危険性の高い債券(ジャンク債)は、ハイリスクだがハイリターン(利息が高い)となっている。しかし今の日本債券は、破綻リスクは高いのに利回りはゼロに等しい・・・つまり「ハイリスク・ローリターン」という、ジャンク債よりもタチの悪い、どうしようもない商品なのだ。

実際に、日本でも第二次大戦後には、戦時中に発行された国債は紙くず同然となった「前科」がある。国債が安全資産だったのは、あくまで戦後から現在までの60年間の話である。現在の常識は、未来では非常識になることもあるのだ。

近い将来、日本債券を「ハイリスク資産」として紹介する書籍も出てくるだろう。
関連記事

テーマ : 株式・FX・投資・マネー最新情報

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

3line

Author:3line
人生の紆余曲折を歴て、市場の暴落とファンダメンタルインデックスを愛するようになった、希有な個人投資家。海外投資データバンク管理人。
詳しくはプロフィールページにまとめています。

最近の記事
おすすめ記事
人気記事
カテゴリー
月別アーカイブ
ランキング
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村
ブログ内検索
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。