FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

俺流ヘッジファンド決算~2017年3月期

毎年恒例、俺流ヘッジファンドの年次決算報告です。
(2016年4月~2017年3月)
ふぅ・・・何とか月末までに間に合ったぜ(・∀・;)。

2017kessan1.png
まずは全体像から。昨年から530万円ほど資産が増えてる模様(・∀・)。一年間で丁度、同年代の年収分くらいはお金が増えた訳だ。
だが資産全体で見れば20%も増えてない訳だし、そもそも昨年が一昨年と比べて350万円ほど減ってたようなので、実は大したことがないのよねぇ(・∀・;)。まあ自分は長期運用が前提なので、現時点での変動に一喜一憂しても無意味なんだけどね。

2017kessan2.png
次に各資産別の状況。昨年末に結構ポートフォリオを整理したので、イマイチよく分からんw
まあおおざっぱに言って、通常の口座も確定拠出年金も、米国株の好調が牽引してくれたようだ。この調子で頼むぜトランプw

2017kessan3.png
最後に資産クラスの分類。当ファンドの最大の見どころ、新興国株の比率は47%でした。毎年少しずつ下がっていたけど、前回より若干増えた模様w また健全なポートフォリオ?から遠のきましたなぁ(・∀・;)。

今後の方針ですが、もう投資枠は確定拠出年金とNISAだけになると思う。両方合わせりゃ200万円超の非課税枠があるんだから、これで十分だわな。資産クラスとしてはETF中心で、1589(米高配当)やVWO(新興国)などを買い増す予定。助平心でちょこっと買った個別株などは大抵が死んでるので、己のセンスの無さを認め、余計な事は極力しない所存ですw
カネや時間は、本業やら派生ビジネス、そして私生活に割いていきたい所ですわ(・ω・)。
スポンサーサイト

テーマ : 資産運用

ビットコインETF、またも上場するする詐欺

先週末、米国の証券取引委員会(SEC)がビットコインETFの上場を否認したそうだ。ビットコインETFは以前から何度も上場観測が上がっており「上場するする詐欺」と揶揄されていたが、今回もまた失敗に終わったようだ。これを受けて11日には、ビットコイン価格は瞬間的に10%以上暴落した模様。

実はビットコイン、昨年末に「人民元が暴落するのでは?」との観測から、中国人富裕層が大量に資金をビットコインに逃避させた事が原因で、価格が高騰していた。中国の人民元は、海外への持ち出しや外貨交換が厳しく規制されているので、法の目をかいくぐるのにビットコインが最適ならしい・・・相変わらずトンデモ国家だなぁ(・∀・;)。

その流れに乗って、イケダハヤトとか一部の有名ブロガーがイナゴ釣りをしていたようだが・・・まあこう書くだけでも炎上屋に吊られた格好なので、これ以上の言及は止めとくw

自分はビットコインへの投資は、全面否定はしないけど肯定的でもない、という立場だ。セキュリティ面の不安〜そしてな何の担保もない訳なんで、大金を投じる対象ではないけど、資産の分散先の一つに考える程度ならありかも?とは思う。株・債券・不動産という伝統的な財産3分法に加え、資産の10%未満なら分散先としてビットコインを選ぶのはありかも・・・とね。

しかし社会的な意義では、ビットコインは密かに応援している。ビットコインは、各国政府の政策に囚われない、本当にボーダレス・フリーダムな通貨なのが最大のメリット。暗黒を恐れず言えば、当局に目をつけられずに商取引が行えるアングラ通貨なのよね( 'ー`)。ビットコインで決済すりゃあ、その売上は税務署に把握されないから、税金〜特に消費税の納税を(ry
・・・これもあんま書くと財務省からマークされるので自粛w

個人的には当面手を出さないだろうけど、面白い仕組みだとは思うのよ。但しなぜETFにする必要があるのか?意味が分からんけどね(゚Д゚)?



・・・ところでもう3月なので、次回は俺流ヘッジファンド恒例の、決算発表となります。昨年末に大分ポートフォリオを整理したので、現金比率が高まってるはず・・・果たして当ファンドの笑い所=新興国比率はどうなってるのか?我ながら注目ですw

テーマ : お金の勉強

プロフィール

3line

Author:3line
人生の紆余曲折を歴て、市場の暴落とファンダメンタルインデックスを愛するようになった、希有な個人投資家。海外投資データバンク管理人。
詳しくはプロフィールページにまとめています。

最近の記事
おすすめ記事
人気記事
カテゴリー
月別アーカイブ
ランキング
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村
ブログ内検索
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。