FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トランプは放置プレー大統領として期待!

予想通り、トランプちゃんの就任演説は差し障りのない面白みに掛けたものでしたな。まあ大統領になってまで、あの猛毒ツイートまんまの発言を続けることは周りが許さないだろうから、ある意味当然だわな。

そして当ブログで「単なるポピュリスト」と書いてきたように、おそらくトランプは何もしない。過激な発言とは裏腹に、大統領になれば何も出来ない(そもそもする気が無い)で終わるだろう。

だけどそれで良いのよ。政治が世界を変えていく時代はとっくに終わっている。世界をより良くしていけるのは、資本主義をベースとした技術革新だけ。これだけ利権が複雑化した現代では、政治的に改革を進めるのは不可能だから、方向性はマーケットに委ねればよいのだ。政治は資本主義を阻害しないよう、余計な口出しをせず黙って見守ってりゃいいのよ。

オバマは何もしなかった」という批判の声もあるけど、自分は良い大統領だったと思っている。オバマは余計な事を何もしなかったからこそ良かったのだ。あとビンラディンを葬った意外は、大きな戦争・殺戮を行わなかったのも評価できる。

だからトランプたんは、期待外れと言われようとも、このまま大人しくよい子ちゃんを続ける放置プレー大統領を貫いて欲しいものだ。

・・・しかし、トランプがホンマに大統領になるんやなぁと思うと、少し笑けてくるのよな(・∀・)。自分はトランプ推しだったのに、感慨深さよりも失笑がこみ上げてくるのよw 世界はネタ化してきてるなぁと(ノ∀`)。
スポンサーサイト

テーマ : 海外投資

【個人的悲報】マクドの中国部門が切り売られる

また暫くこのブログを放置していたので(・∀・;)昨年の振り返りでもやろうか?と思っていた所に、えらい悲報が舞い込んできた。マクドナルドの中国部門が、中国企業に買収されるというのだ・・・。

中国中信集団(CITIC)は9日、香港証券取引所で米投資ファンドのカーライル・グループと共同で米マクドナルドの中国事業を買収することを発表した。人民網が伝えた。買収金額は20億8000万ドル(約2400億円)で、中国内陸と香港地区にあるフランチャイズ店を20年間運営する権利を得る。新しい運営会社の持ち株比率は中信集団が52%、カーライルが28%、マクドナルドが20%となる。
【ソース・人民網日本語版】


米マクドナルドは個人的に、永久保有銘柄の一つとして考えている。その理由が、新興国~特に中国市場での売上拡大余地がとんでもなく大きいからだ。米マクド本社?がまだ20%保有するようだが、それでも業績へのプラス影響は大幅に減少する訳だ。

どうも自分は、中国市場との相性が悪いのよねぇ(´・ω・`)。自分が株式投資で最初に巨大含み損を抱えたのが某中国株ファンドだったし、2012年には中国内需株の一つとして期待していた保有銘柄=小肥羊(リトルシープ)が、アメリカのヤム・ブランズに買収され、上場廃止となった経験もある。今回はリトルシープとは逆のパターンだが、どうも我がポートフォリオは、中国の内需の成長を取り込む事を妨害されまくってるのよなぁ(・∀・;)。

こういう企業買収の動きってのは、個人投資家が予測や対処できるもんじゃないから、もう相性の問題として片付けるしかないのよね(´・ω・`)。

テーマ : お金の勉強

プロフィール

3line

Author:3line
人生の紆余曲折を歴て、市場の暴落とファンダメンタルインデックスを愛するようになった、希有な個人投資家。海外投資データバンク管理人。
詳しくはプロフィールページにまとめています。

最近の記事
おすすめ記事
人気記事
カテゴリー
月別アーカイブ
ランキング
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村
ブログ内検索
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。