FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

NISA制度変更に見える、政府の公的年金廃止の思惑

各所でニュースが出ているように、どうやら政府がNISAの制度改革を検討している模様。現行5年の非課税期間を最大20年に伸ばす、その代わりに年間120万円⇒60万円に減額するという話だ。

政府と金融庁が検討している~と報道されているから、あくまで様子見の観測気球だろうが、こういう話が出てきた以上は、おそらく実現すると思われる。

非課税が長期化することは、税制を支配する財務省にとっては望まざる改革。だけど政府はやりたくて仕方ない改革だから、世論の反応等を見せつつ、適度に財務省にエサ(天下りポスト)を与えつつ、非課税拡大を断行するつもりだろう。

当Blog読者なら気付いている人も多いだろうが、おそらく政府は最終的に公的年金制度を廃止~解散させたいという思惑があるのだ。

ご存知のように、日本の公的年金制度は破綻することが目に見えている。このままでは財政が悪化する一方なので、政府や(年金制度を司る)厚労省は、公的年金制度なんて止めてしまいたいのだ。確定拠出年金制度が主婦にも解禁されたり、ジュニアNISAなんて制度が作られてる背景は、要するに「資産運用の制度は用意するから、自分の老後資金は自分で作ってね」と国民に丸投げしたいのだろう。

無論、どんなに代替制度を充実させても、すぐに年金を解散するなんて不可能だ。だが10年20年と長期間掛けて国民の自己責任制度へと転換していき、いずれは公的年金制度を廃止~と繋げていきたい思惑なのは間違いないだろう。

我々のように、資産運用の基礎知識がある者にとっては、この制度改革は大歓迎だ。自分で運用した方が、GPIFの国債偏向糞ポートフォリオよりも高い利回りを得られることは間違いないしな(・∀・)。

今後の注目点は非課税期間だけでなく、5年という投資期間が延長されるかどうかだ。もし投資期間も無制限に延長されるなら、マイ年金は完全に賄えるようになる。自分のような個人事業主なら、確定拠出年金(年81.6万円)とNISA(年60万円)で合計140万円を非課税で毎年投資できるなら、20年もすれば3~4倍には出来るだろうから、これだけで十分老後資金は賄えるだろう。

唯一の問題は、100歳以上とかまで超長生きしたら、資金が尽きるリスクがあること位だろうか。80歳以上になってもそれなりにリスク資産で運用し続けてれば持つだろうけど、その頃には頭がボケてきてる可能性が高いしなぁ(・∀・;)。
スポンサーサイト

テーマ : 資産運用

プロフィール

3line

Author:3line
人生の紆余曲折を歴て、市場の暴落とファンダメンタルインデックスを愛するようになった、希有な個人投資家。海外投資データバンク管理人。
詳しくはプロフィールページにまとめています。

最近の記事
おすすめ記事
人気記事
カテゴリー
月別アーカイブ
ランキング
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村
ブログ内検索
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。