FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

確定拠出年金の特別法人税、凍結が延長される模様

個人投資家にとって最強の金融商品である確定拠出年金。その唯一と言って良い懸念材料の「特別法人税」が、2015年末まで再び凍結されることが決まりそうだ。

・みずほDCニュース:平成26年度税制改正大綱について(PDFファイル)

この税制改正大綱というのは、各省庁の要望が相当に煮詰められた段階で出されるもので、これが出た時点で既に財務省のお墨付き印が付いているようなもの。一応国会で審議されるが、ほぼ確定すると言って良い状況だ。まあ確定拠出年金の『特別法人税廃止を要望⇒財務省は拒否⇒じゃあ時限付きで凍結で手を打とう⇒OK』という流れは、これまで何度もくり返されており、もはや風物詩のようなもの。予想通りの展開だ。

財務省にとって税制は最大の利権だから、廃止なんてまずありえない。だけど特別法人税は資産課税なので、デフレが解消しない限り、復活させるのは困難だ。確定拠出年金利用者の多くが、ポートフォリオの大半を預貯金に充てている(※注)ので、1.173%の税金を課すと、資産がマイナスになるからだ。

確定拠出年金の特別法人税

税制利権の構造からして、おそらく廃止される事は未来永劫無いだろう。但し上記のように、インフレ率がある程度高まり、預貯金や国債の利回りが1%代半ばくらいまで上がらない限り、特別法人税が復活される事も考えにくい。よって確定拠出年金利用者の皆さんは、何も心配する事など無い。今までも、そしてこれからも、自分のリスク耐性に合ったポートフォリオを組んで、確定拠出年金の投資枠を最大源に利用していくのが、ベストな行動だ。

ぶっちゃげ、NISA(年100万円)と個人型確定拠出年金(年81.6万円)を最大限使えば、一般庶民の投資枠としては十分な規模ですわな。血眼になって優良な銘柄を探すよりも、まずは『お上』が用意してくれた有利な制度をフル活用するべきだ。

※注;大半を預貯金に充てているというデータ、何処かで見たはずだが見つからず・・・ご存知の方が居たら教えて下さい。
スポンサーサイト

テーマ : 資産運用について

個人投資家も常識・定石を疑ってみるべき

あけましておめでとうを言う前に、あっと言う間に2月になっちまい、気が付いたら当Blogに広告が強制表示されていた(笑)。いや笑い事じゃない、今年も気が向いたら(?)適度に更新を続けていきますので、全国推定7名くらいの俺流ヘッジファンドの読者の方々、ことしもよろしくです。

てな訳で、放置状態だった当Blogを更新する気になったのは、万能細胞を見つけた小保方さんという方のニュースを見てだ。といっても、筆者は理科系の知識は皆無なので、この発見が医学的にどれだけ凄いことなのかは、全くわからない。但し、医学や生物学が分からない人でも、このニュースは大きな問題定義を投げかけていると思う。

常識を鵜呑みにするなと言う点だ。

小保方さんの発見は、本来なら細胞学の常識に反する行為というか、「そんなもの研究しても無駄だ」というのが、かの世界での常識だったという。その常識を疑い、自分の手で検証してみたことが、世紀の大発見に繋がった。彼女がもし、常識やら定石を重んじる、テンプレ的な日本人感覚の持ち主であったならば、今回の発見は無かった訳だ。

この「常識を疑う」という行為、投資家~特にインデックス投資を盲信している人たちに、最も欠けている感覚だと思ったのよ。「世界の時価総額に合わせてポートフォリオを組む」とか「株式と債券で分散運用する」とか・・・インデックス投資の常識と言われる理論を、自分で検証もせずに盲信している人がメチャ多いんじゃね?

「GDPと株価は比例しない」という間違った理論も、頻繁にインデックス投資ブロガーの記事に見かけますわな。大体彼らは、GDPが名目なのか実質なのか、定義すらろくに考えずに言ってるんじゃね? 筆者はMSCI公式やIMFなどの公的データを自分で引っ張ってきて検証し、名目GDPと株価が比例する事を導き出し、世間に蔓延る説が真っ赤な嘘だと証明した。あと繁ジイ青本で語られている、中国株マイナス説が偽装である事も見破った。

誤解が無いよう一応言っとくと、何も自慢したい訳じゃないよ。世間一般で語られている投資の常識は、常に疑って見ることが重要なんじゃねえの?という話よ。投資本なんて、大抵が特定の利害関係に基づいた人間が書いており、ステマやポジショントークの宝庫だぜ?自分で再検証もせず、一方的に盲信するのはとても危険だよと言いたい訳よ。

もし、自分の頭で検証していれば、個人向け国債なんて馬鹿げた商品になぞ、死んでも投資しないはずだぞ。自分の大事なお金を運用するわけだから、嘘を掴まされて大損したら、洒落にならんでしょ?

投資家の皆さんは、一度、自分の信じている投資理論を、自分の手で再検証してみてはどうだろうか。まあ多くの人が、筆者のようにマニアックな分析・研究するほど暇じゃないだろうから、せめていつも自分が読んでいる書籍やBlogと、対局にあるような人の意見に耳を傾けてみるのが、手っとり早い方法だと思う。

無論、当Blogの書いてる事も例外じゃないけどね(^_^;)。

テーマ : お金の勉強

プロフィール

3line

Author:3line
人生の紆余曲折を歴て、市場の暴落とファンダメンタルインデックスを愛するようになった、希有な個人投資家。海外投資データバンク管理人。
詳しくはプロフィールページにまとめています。

最近の記事
おすすめ記事
人気記事
カテゴリー
月別アーカイブ
ランキング
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村
ブログ内検索
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。