FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

物流企業への投資は不要?

9/28号の東洋経済で、物流特集が組まれていた。アマゾンや楽天の配送システムや物流拠点の話が中心だが、一部でグローバル物流企業の情勢が書かれていた。

世界の物流大手と言えば、ドイツポスト傘下のDHL、アメリカのフェデックスとUPSなどだ。この三社は、先進国で物流システムを構築しているだけでなく、新興国へも積極的に進出している。フェデックスは中国、DHLは中国だけでなくインドにも物流センターを設立するという。内向きの日系企業とは、売り上げの伸び率が段違いであるというグラフも紹介されている。

しかし気になる点も。各社とも、物流網の構築に多額の投資を行っており、利益を圧迫していることだ。特集では、過去10年の投資キャッシュフローが載っていたが、DHLやUPSは2兆円超、フェデックスに至っては3兆円にも達している。

株式の世界には、設備投資比率が高い企業ほど株価リターンが低くなるという法則がある(ソースはお馴染み・繁ジイ赤本より)。一般的には、積極的に未来への投資を行う企業ほど、高い成長を続けていくとイメージされているが、過去のデータからは真逆の結論が出ているのだ。

そもそも、物流ビジネスというのは、サービスで付加価値を付けるのが難しく、結局はコスト競争に陥ることになる。設備投資は必要だが、宅配単価は下落傾向なのだし・・・。

確かに世界的にも、ネット通販市場の成長はすさまじい勢いだから、物流業界の仕事も増えるだろう。しかし現実には、物流企業は多額の投資とコスト競争で、市場の拡大に見合わない成長しか得られないのでは?

ちなみに、ネット通販企業自体も、利益率が超低い「投資過多」の業界だ。ネット通販の王者=アマゾンの売上高営業利益率は1%を切っており、頭に「超」の付く薄利多売だ。そのアマゾンからの値下げ圧力に耐えきれず、佐川はアマゾンとの取引を止めたという。ネット通販の拡大は、顧客にとっては便利だが、物販企業も配送業者も利益を生まない「勝者無き競争」に陥ろうとしている。

投資家としては、宅配便やネット通販は利用こそすれど、株式を購入するのは避けるべきだと思う。繁ジイ信者なら上記「設備投資理論」を信じるべきだし、バフェット信者なら御大のポートフォリオに入ってない事で信じれば良かろう。
スポンサーサイト

テーマ : 明確な投資理論

Twitterの上場は、インターネットポンカス銘柄の再来か?

Twitterの株式上場が正式に決まったそうだ。人類史上最大のポンカス銘柄=フェイスブックに比べれば、話題性では若干劣るものの、ネット企業としては最後の大物?の上場ということで、かなり人気を集めそうな情勢だ。

自分は、人類史上最大のポンカス銘柄=フェイスブックに対しては、嫌悪しか持ち合わせておらず、未来永劫、アカウントを作ることは無い。だがTwitterは仕事・プライベート共に活用しており、結構なヘビーユーザーだといえよう。※ちなみに仕事用の垢はこれね。

従って自分は個人的に、Twitterに対してはポジティブな感情を持っているのだが、株式上場に関しては大反対だ。タイムラインが広告だらけになるのは目に見えており、利用者としてはマイナス要素しか浮かばないからだ。

また、株式投資の視点からも、この上場には疑問を感じる。Twitter自身が今後、一体どのようにマネタイズ=収益源を持つのか、全く見えてこないからだ。

Twitterは2009年12月、グーグルとマイクロソフトに検索データを提供、つまり全ツイートのデータベースを提供することで、計2500万ドルの収益を得たとの報道があったが、現在はこの契約は打ち切られているようだ(というか、グーグルがTwitterを買収しようとして失敗したようだ)。また、タイムラインを始め、各種画面に広告を出しまくったとしても、利益などたかが知れているだろう。

一方、元祖ポンカス銘柄=フェイスブックが、まるでキ●ガイの如く投資家の人気を集めたのは、奴らが大量の実名の個人情報を抱えていたからだ。フェイスブックは、この実名の個人情報を企業に売り飛ばすことで、単なる画面広告とは比べものにならないほどの、多額の利益を得られる訳だ。平たく言えば、フェイスブックは名簿売買業者なのだ。表だって語られることは無いが、フェイスブックの株主は、この個人情報売買の収益性を見越して、上場時にPER100倍近い水準までの「期待」をしていたわけだ。

翻ってTwitterには、実名の個人情報は持ち合わせていない。Twitterで各ユーザーが呟く、数億・数十億単位のツイートは、確かに最近流行の「ビッグデータ」ではあるが、所詮はどこの誰だか分からない人間の情報だ。フェイスブックや、携帯電話会社などが収集しているように、実名性のあるビッグデータではないので、情報としての価値は極めて低いものだ。

ということで、現状のTwitterからは、確固たる収益源が見えてこないのだ。現時点でTwitterの上場に期待する投資家というのは、ITバブル期に見られた「根拠なき熱狂」と全く同じに思えてならない。

多分、Twitter株は上場後まもなく、日本のネット証券でも買えるようになるだろう。だけど長期で資産形成を考える投資家なら、手を出さない方が賢明だと思う。いつものパターンだと、SBI証券あたりが(FBの時と同様)ゴーリキさん顔負けのごり押し推奨をしてくると思われるが(笑)、華麗にスルーする事をお勧めしておく。

テーマ : お金の勉強

NYダウに金男・・・だと?

つい先日、ダウジョーンズ社が「NYダウ平均株価」の銘柄入れ替えを発表した。一気に3つの企業が入れ替わったようだ。

・除外企業:アルコア(AA)、ヒューレットパッカード(HPQ)、バンクオブアメリカ(BAC)
・追加企業:ゴールドマンサックス(GS)、ビザ(V)、ナイキ(NKE)

しかしおったまげたよ。NYダウに金男(ゴールドマンサックス)が入るとは・・・。

金男という企業は、言わずもがな、世界最大の仕手筋である。格付けを操作したり、インサイダー情報を利用したりして、自己売買で儲けることが、投資銀行という存在だ。そして世界の4大投資銀行と言われた中でも、最凶最悪なのが、金男なのだ(ちなみに最弱が潰れたリーマンブラザーズ)。

例えば、オリンパスの粉飾決算問題で、金男はインサイダー取引丸出しの手法で、20億円以上を抜いたとされている。JAL(日本航空)の増資などでも、インサイダー疑惑が掛けられている。勿論、サブプライム債券にもトリプルAを付けていたことは、言うまでもない。

ゴールドマン・サックスのオリンパス株で儲けた手口が凄すぎる

金男のような投資銀行は、世間一般の投資家を欺き、自分達だけが金をせしめようとするスタンスなのだ。はっきり言って投資銀行というのは、この世に必要のない存在だ。いやむしろ、存在自体が100%悪害だと断言しても良かろう。2008年9月15日、リーマンブラザーズは米国政府から見捨てられたのが、投資銀行の存在価値を如実に表しているだろう。

では投資銀行を完全規制すれば良さそうだが、そうは問屋が卸さない。金男の場合、米国政府やFRBの内部にも手下を送り込んで懐柔させているし、政治家に多額の献金も行っているからだ。

今回のNYダウ平均株価への金男組み入れは、アメリカという国が、金男に代表される国際金融資本に牛耳られている事を、端的に表している事象といえるだろう。米国を代表する30社に、仕手筋が入るんだから、オワットルわな。

我々一般投資家は、金男のような投資銀行は邪魔な存在そのものだが、残念ながら葬り去ることは出来そうにもない。奴らは所詮仕手筋だから、短期売買しかできない。我々個人投資家は、短期での値動きなど無視して、長期投資に徹すれば良いだけだ。

テーマ : お金の勉強

東京オリンピックが決まって浮かれている暢気な連中どもへ

そこらじゅうから「釣りタイトル乙」ってな非難が聞こえてきそう・・・いや、うちみたいな過疎Blogにはそんな心配は無用だから、ガンガン書くよw

真実を伝えなければ、この国の国民はいつまでも為政者に騙され、搾取され続けることになるからね。ただし、暴言混じりなので、不快に思う人が居るかもしれんので、以下閲覧注意。

続きを読む

テーマ : お金の勉強

俺の為の小ネタまとめ

過去1ヶ月ほどで見つけた、ひとつの記事を書くには細かすぎる、帯に短したすきに長し的なネタを羅列しておく。あくまで自己メモ、読者様の役には立たんことをお詫びしておく。何せ当Blogは『俺流ヘッジファンド』なので、あしからず。

・マイクロソフトのバルマー君が1年以内にCEOを辞める
ホントにどうでもいいレベルの話。どうせMSだから、OSのカス仕様は変わらんだろう。

・トンチン年金という面白いアイディア
某有名ウォーカーBlogに出てたネタ。凄く良さげな制度だけど、とてもじゃないけど日本で導入されるとは思えないのが無念だ・・・。

・SBI証券のNISA勧誘がうぜぇ
まあココの宣伝のウザさは、今に始まった事じゃねえからなぁ(´・ω・`)。でも何かに活用できないのか、ちょっと考え中でもある。

・Twilogはじめました
海外投資DB(brics5) 無駄にボヤいてるだけだという噂もあるが・・・。

国内上場ETFの乖離率データの更新辞めるわ・・・
本家サイトで続けてきたネタだが、余りに無反響だし、そもそも乖離しないETFも増えてきたので、更新する意義を失った。毎月更新するのがマンドクセーしなぁ(・∀・;)

・マイクロソフトのノキア買収
ワタクシ、両方とも株主なので、結局はプラマイゼロなのよ(;´∀`)

テーマ : 海外投資

プロフィール

3line

Author:3line
人生の紆余曲折を歴て、市場の暴落とファンダメンタルインデックスを愛するようになった、希有な個人投資家。海外投資データバンク管理人。
詳しくはプロフィールページにまとめています。

最近の記事
おすすめ記事
人気記事
カテゴリー
月別アーカイブ
ランキング
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村
ブログ内検索
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。