FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【予定調和】 特別法人税の凍結期間が延長 【茶番】

年金積立金へ課税される「特別法人税」の凍結が、再度延長されることが決まったようだ。以下ヤフーニュースより。

政府・与党は26日、2017年度税制改正で、企業年金などの積立金に対する特別法人税の課税凍結を3年間延長する方針を固めた。日銀のマイナス金利政策で資産運用に逆風が吹いていることに配慮した。17年度与党税制改正大綱に盛り込む。[時事通信]


自分にとっては完全に想定通りの流れで、やはりなぁ・・・程度の感想だ( 'ー`)。

年金積立金へ課税するという「特別法人税」は、確定拠出年金にとって大きなリスクと言われてきた。だが自分は常々「当面は凍結されたまま。解除はありえない」と言い続けてきた。理由は簡単、確定拠出年金の加入者の多くが、定期預金などのような、利息が点かない超安全資産ばかりで運用しているからだ。

預金金利も国債利回りもほぼゼロなのに1.173%も課税すれば、運用資産は毎年減っていく事になる。これでは利用者の猛反発は目に見えている。ましてや来年から確定拠出年金は加入可能者が拡大されるので、証券業界も営業に力を入れ始めている状況だ。預金金利が特別法人税の税率を上回らない限り、凍結解除など絶対にあり得ないのだ(⇒確定拠出年金の特別法人税問題)。

マイナス金利がいつまで続くのかは分からんけど、よほど世界情勢の激変でも無い限り、日本の超低金利は続いていくだろうから、特別法人税の凍結も延々と繰り延べられていくだろう。金融業界や厚労省は特別法人税の完全撤廃を求めているが、財務省にとっては彼らに利権を振りかざしたいので、完全撤廃は絶対に承知しないだろう。

よって、特別法人税の凍結延長~という茶番劇は、今後も3年ごとに延々と繰り返されていくだろう(´・ω・`)。
スポンサーサイト

テーマ : 資産運用

NISA制度変更に見える、政府の公的年金廃止の思惑

各所でニュースが出ているように、どうやら政府がNISAの制度改革を検討している模様。現行5年の非課税期間を最大20年に伸ばす、その代わりに年間120万円⇒60万円に減額するという話だ。

政府と金融庁が検討している~と報道されているから、あくまで様子見の観測気球だろうが、こういう話が出てきた以上は、おそらく実現すると思われる。

非課税が長期化することは、税制を支配する財務省にとっては望まざる改革。だけど政府はやりたくて仕方ない改革だから、世論の反応等を見せつつ、適度に財務省にエサ(天下りポスト)を与えつつ、非課税拡大を断行するつもりだろう。

当Blog読者なら気付いている人も多いだろうが、おそらく政府は最終的に公的年金制度を廃止~解散させたいという思惑があるのだ。

ご存知のように、日本の公的年金制度は破綻することが目に見えている。このままでは財政が悪化する一方なので、政府や(年金制度を司る)厚労省は、公的年金制度なんて止めてしまいたいのだ。確定拠出年金制度が主婦にも解禁されたり、ジュニアNISAなんて制度が作られてる背景は、要するに「資産運用の制度は用意するから、自分の老後資金は自分で作ってね」と国民に丸投げしたいのだろう。

無論、どんなに代替制度を充実させても、すぐに年金を解散するなんて不可能だ。だが10年20年と長期間掛けて国民の自己責任制度へと転換していき、いずれは公的年金制度を廃止~と繋げていきたい思惑なのは間違いないだろう。

我々のように、資産運用の基礎知識がある者にとっては、この制度改革は大歓迎だ。自分で運用した方が、GPIFの国債偏向糞ポートフォリオよりも高い利回りを得られることは間違いないしな(・∀・)。

今後の注目点は非課税期間だけでなく、5年という投資期間が延長されるかどうかだ。もし投資期間も無制限に延長されるなら、マイ年金は完全に賄えるようになる。自分のような個人事業主なら、確定拠出年金(年81.6万円)とNISA(年60万円)で合計140万円を非課税で毎年投資できるなら、20年もすれば3~4倍には出来るだろうから、これだけで十分老後資金は賄えるだろう。

唯一の問題は、100歳以上とかまで超長生きしたら、資金が尽きるリスクがあること位だろうか。80歳以上になってもそれなりにリスク資産で運用し続けてれば持つだろうけど、その頃には頭がボケてきてる可能性が高いしなぁ(・∀・;)。

テーマ : 資産運用

確定拠出年金が全ての国民に開放される?

一昨日、国の社会保障審議会で、これまで自営業者や厚生年金基金が無い会社員などに限定されていた個人型確定拠出年金制度を、全ての国民が加入できるように法改正するという案が発表された。来年の通常国会に提出される予定だという。

まだ概要なので最終的にどういう制度になるかはまだ分からないが、どうやら主婦も加入できるようにすることまで計画されているという。政府にしてみれば、厚生年金は制度破綻するのがほぼ確実だから、制度は用意するから各個人で老後の資金は賄ってくれ、という意図なのだろう。

主婦の上限金額はさすがに6.8万円(現在の個人型の上限)とはいかないだろうが、それでも若い世代にとってはすさまじい朗報だ。年功序列・護送船団に守られて生きていける時代は二度と来ない以上、勉強した者・リスクを取れる者が報われる社会になるべきなのは当然だわな。

自分は自営業者だし、既に毎月上限いっぱいまで確定拠出年金を掛けているから、直接的には恩恵はない。運良く?配偶者を得たときに、初めて恩恵にあずかれるってだけだ(・∀・;)。しかし、確定拠出年金制度が拡大し、加入者が増えていけば、金融機関側も競争原理が働き、より低コストかつ多彩なファンドが生まれてくるだろう。

当Blogのテーマである、PXH(新興国ファンダメンタルインデックスETF)準拠の投信もぜひ広がってほしいもんですな。実は今でも大和の401kだけでひっそりと運営されていたりするけど、如何せん総資産5億とかだから、いつ廃止されてもおかしくないしな・・・。

あともう一つPXHの悪材料として。現実のPXHはトラッキング・エラーがすさまじくて、インデックスを大幅に下回る成績しか出てないポンカスETFと化しているようなのよ(´・ω・`)。何か知らん間に信託報酬が0.89%⇒0.49%まで値下げになっているという朗報もあるので、パワーシェアーズの中の人には、もうひと頑張りして欲しいもんですなぁ。

確定拠出年金の特別法人税、凍結が延長される模様

個人投資家にとって最強の金融商品である確定拠出年金。その唯一と言って良い懸念材料の「特別法人税」が、2015年末まで再び凍結されることが決まりそうだ。

・みずほDCニュース:平成26年度税制改正大綱について(PDFファイル)

この税制改正大綱というのは、各省庁の要望が相当に煮詰められた段階で出されるもので、これが出た時点で既に財務省のお墨付き印が付いているようなもの。一応国会で審議されるが、ほぼ確定すると言って良い状況だ。まあ確定拠出年金の『特別法人税廃止を要望⇒財務省は拒否⇒じゃあ時限付きで凍結で手を打とう⇒OK』という流れは、これまで何度もくり返されており、もはや風物詩のようなもの。予想通りの展開だ。

財務省にとって税制は最大の利権だから、廃止なんてまずありえない。だけど特別法人税は資産課税なので、デフレが解消しない限り、復活させるのは困難だ。確定拠出年金利用者の多くが、ポートフォリオの大半を預貯金に充てている(※注)ので、1.173%の税金を課すと、資産がマイナスになるからだ。

確定拠出年金の特別法人税

税制利権の構造からして、おそらく廃止される事は未来永劫無いだろう。但し上記のように、インフレ率がある程度高まり、預貯金や国債の利回りが1%代半ばくらいまで上がらない限り、特別法人税が復活される事も考えにくい。よって確定拠出年金利用者の皆さんは、何も心配する事など無い。今までも、そしてこれからも、自分のリスク耐性に合ったポートフォリオを組んで、確定拠出年金の投資枠を最大源に利用していくのが、ベストな行動だ。

ぶっちゃげ、NISA(年100万円)と個人型確定拠出年金(年81.6万円)を最大限使えば、一般庶民の投資枠としては十分な規模ですわな。血眼になって優良な銘柄を探すよりも、まずは『お上』が用意してくれた有利な制度をフル活用するべきだ。

※注;大半を預貯金に充てているというデータ、何処かで見たはずだが見つからず・・・ご存知の方が居たら教えて下さい。

テーマ : 資産運用について

とうとう確定拠出年金を本気で薦める本が出た

先週、インデックス投資の世界で有名な、PFの竹川美奈子氏が「年利15%でふやす資産運用術」という、中々刺激的なタイトルの本を出しているのを見つけた。

日頃の竹川氏のスタンスを知るインデックス投資家が見れば、一瞬「?」と思うだろう。しかしこれは、読者の注目を集める為に、あえてキャッチーに付けたタイトル。この本の趣旨を一言で表せば、確定拠出年金のお勧め本。中身を読めば分かるが、投資だけで15%の利回りを言ってる訳ではなく、確定拠出年金で得られる節税効果を含めた、トータルで「15%の利回り」と言っているのだ。

・・・やられた!(;´∀`)

実は自分も、密かに確定拠出年金に関する書籍の出版(電子書籍)を企んでいた。拙者サイトでは紹介しているのだが、実は確定拠出年金の持つ莫大なメリットについて、詳しく書かれた書籍は世の中に皆無だったのだ。だから「これは狙い目だ」と思っていたのだが・・・竹川氏のような有名人に先を越されたら、もうお手上げだw 完全に出し抜かれましたわ(^_^;)。

内容も、確定拠出年金のメリットやお勧め機関の紹介など、一通りすべてを網羅しており、ほぼ完璧な内容だ(モデルポートフォリオに日本債券ファンドが漏れなく入っている事だけが、唯一のマイナス点かな)。これ一冊読めば、金融素人の人でも、安心して確定拠出年金を始められるだろう。

てことで、確定拠出年金について知りたい人は、竹川氏の書籍をお勧めする。筆者もいつかは、この本を越える解説書を作りたいもんだ・・・。

テーマ : 資産運用について

証券優遇税制の廃止には確定拠出年金で対抗!

最近、某日本企業の配当金領収書が送付されてきたのだが、そこに混じって「復興特別所得税について」というチラシが混じっていて、はたと気が付いた。復興税はわずか0.315%に過ぎないが、このままいけば2014年には証券優遇税制が廃止され、配当金やキャピタルゲインの税金が20%に戻る。こちらの影響の方が、投資家にとっては遙かに甚大だ。

日本で出版されている投資書籍には、共通する大きな問題が一つある。利回りの計算において、税金の観点がごっそり抜け落ちていることだ。ジェレミーシーゲルの赤&青本では、配当再投資による複利効果の絶大さが紹介され、多くのインデックス投資家に影響を与えた。しかし、このシーゲルの各書でも、課税によるロスは一切加味されておらず、実際の利回りは大きく下回る。その他、ほとんどの著書が税金を加味せず、想定利回りを計算している。実際にどの程度影響が出るかは、拙著サイトの税金が株式投資に与える影響を参照されたし。もし配当課税が20%に戻されれば、長期投資家にとっても悪影響は避けられない。

では、どう対処すれば良いのだろうか?単純に「無配企業が有利になるのでは?」とも思うかもしれないが、さにあらず。確かに企業が配当を出さず、事業拡大の為に「適切に」利益を再利用してくれるのなら、それが最適だ。しかし現実には、大量のキャッシュを抱えた企業は、無駄なことに金を浪費する傾向が非常に強く、無配企業が最適とは言えないのだ。

この無駄遣いはエージェンシーコストと呼ばれ、シーゲルも著書で「バフェットような優秀な経営者に限れば、無配の方が有効だ」と述べている(赤本150ページ)。ジョブズが去ったアップルで「宇宙船型社屋」なる、無駄遣い以外の何者でもない計画がぶち上げられたのは、エージェンシーコストの典型だろう。

税金を取られるのは、大幅なパフォーマンスの劣化をもたらす。一方で配当を出さず、無駄遣いをせずに上手にビジネスに再投資できる企業は、極めて限られてくる。投資家にとっては、非常に悩ましい問題である。

しかし、税率アップの影響を100%避ける、究極の投資法が一つだけある。それは確定拠出年金を使うことだ。

確定拠出年金の口座では、投信の分配金は無論、スイッチングによるキャピタルゲインにも、税金は掛からない。即ち、シーゲル本などで想定される「配当再投資の効果」を100%漏れなく享受できるのだ。投信の信託報酬は取られるが、通常よりも低コストなインデックスファンドも用意されている(会社によるが)ので、その点からも一般の証券口座より有利だ。例えば、岩手銀や琉球銀の確定拠出年金(個人型)で用意されている外国株インデックスファンドは、信託報酬がわずか0.231%である!

今度の総選挙で何処が政権を獲ろうとも、おそらく証券優遇税制の延長は認められまい。せいぜい、日本版ISAなるチンケな制度が、落とし所の限界だろう。したがって我々投資家は、課税によるリターン劣化を回避する為には、確定拠出年金を使うことが最善の選択肢となるだろう。

テーマ : お金の勉強

スルガ銀行の確定拠出年金に新興国ファンド追加

海外投資の世界に、またまた朗報が舞い込んだ。スルガ銀行の確定拠出年金に、新たに新興国の株式と債券のインデックスファンドが加わることになった。特に前者「日興・年金積立海外新興国株式」の方は、信託報酬が0.578%と、業界最低水準だ!

自分はスルガ銀行で確定拠出年金を使ってる身だから、これは最高に嬉しいニュースだ。自分が加入を検討した当時は、401kで新興国株を取り扱う会社が、スルガくらいしかなかったので加入を決めたクチだ。ところがその後、岩手銀行や琉球銀行が、立て続けにより低コストなインデックスファンドを備えた会社が現れ、悔しい思いが募っていた。スルガ銀行の新興国株「JPM・BRICs5ファンド」の信託報酬は1.995%と高いが、岩手や琉球のインデックスファンドは0.798%だったからだ。

しかし今回の追加で、スルガ銀行も再び「401kの最有力候補」の一つに復活したと言えるだろう。先進国株や海外REITに関しては、相変わらずスルガよりも岩手の方が、信託報酬が安いファンドを備えている。しかし今回の処置を見れば、スルガが他社に対抗すべく、先進国株その他で低コストなファンドを導入してくれる可能性も、十分あり得るだろう。

何よりスルガの方にも、毎月の固定費が安いというメリットがある。資産合計が300万円程度の現在では、信託報酬が少々高くとも、固定費の安さである程度は補える。それに他社に乗り換える際には、乗り換え手数料だけでなく、信託財産留保額を取られるデメリットもあるので、今から急ぐ必要はない。資産が数千万円にまで膨らめば別だが、当面はスルガ銀行で拠出を続けようと思う。

とりあえず、スルガ銀行さんGJです!(・∀・)b 今後もサイトでステマ推薦しますんで、先進国株の低コストファンドの導入も頼んまっせ!

テーマ : 投資信託

俺流ファンド決算~確定拠出年金編

先月で丁度、自分が確定拠出年金に加入してから3年が経った。なので俺流ヘッジファンドの確定拠出年金枠も、一度決算報告をしてみようと思う。利用はスルガ銀行の個人型、拠出は毎月フルインベスト(6.8万円)。

ポートフォリオ概要(端数省略)
拠出244万円 時価275万円 損益+12.7%

■ファンド別損益
MSCIコクサイ=+5.1% BRICs5=+20.8% 世界REIT=+19.6%

自分が確定拠出年金を始めた直後の2008年9月に、リーマンショックAIGショック&下院ショックが起きて、世界的に株価暴落が起きた。むしろ、もう少し長期間に渡って暴落が起きて欲しかった。そうであれば、更に含み益は増えていただろう。確定拠出年金はドルコストで買い付けていくので、若い年齢の時に暴落があってくれた方が、買付口数が増えて最終利益が大きくなるからだ。

自分の場合、まだ20年以上も拠出を続ける訳だから、暴落は恐れるどころかむしろ大歓迎である。逆に、2030年代は平穏な時代になって貰わないと困るんだけどね(^_^;)。

なお、より低コストなファンドを揃えた岩手銀行への変更も考慮した。特に信託報酬が2%あるBRICs5ファンドを、岩手銀行の「野村新興国株式(信託報酬0.8%)に変えれば、コスト圧縮効果は絶大だろう。

しかし当分は、スルガ銀行で拠出を続ける事にした。確かに信託報酬は安くなるが、現状の資産残高では大した差は出ないし、固定費(口座手数料)はスルガの方が年間5000円近く安いからだ。資産が増えれば増えるほど、信託報酬の影響が大きくなるので、もう少し年齢を重ねてから、運用期間の変更を考慮しようと思う。

一番良いのは、スルガ銀行で低コストの新興国株インデックスファンドを扱い出してくれる事なんだけどねぇ・・・。そうすれば自分も運営機関を変更したりしないし、サイトでスルガ銀行をプッシュして行くのに(ノ∀`)

・・・スルガ銀行の中の人、頼みますよ!(^_^;)

テーマ : 海外投資

ダスキン企業年金がヘッジファンドへ全力投資!?

何かダスキンの企業年金基金が、ヘッジファンドなどオルタナティブ投資100%というイケイケドンドン運用をしてるらしい。確認してはいないが、昨日の日経新聞にそう書いてたとorzさん他複数のBlogであるので、本当なのだろう。

ダスキンの担当者は、ヘッジファンドが一体どんな運用をしているのか、本当に分かっているのだろうか?いや絶対分かってないだろ?「市場平均越えでもマイナスリターンなのは解せない」そうだが、ヘッジファンドが常にプラスリターンを出せると勘違いしているのだろう。絶対収益だのマーケットニュートラルだのほざいてて、実際には(手数料控除前でも)市場平均を大幅に下回るヘッジファンドなんて、腐るほどあるんですけど・・・。

ありきたりだが、ダスキンの関係者には「生兵法は怪我の元」という言葉を贈りたい。個人が自己責任のもと、自分の判断でヘッジファンドに投資するのは勝手だが、全従業員の年金をこのようなハイリスク運用を行うのは大問題だ。

厚生年金の破綻は目に見えている上、企業年金すら破綻となれば・・・ダスキンの従業員の皆さんには、ご愁傷様としか言いようがない。さっさと確定拠出年金をオープン化して、誰でも好きなだけ自分の判断で運用できる時代が来て欲しいものだ。その方が政府負担も減るのだしね。

テーマ : 投資に役立つ最新経済ニュース

確定拠出年金の年度末報告書

先日、SBIベネフィット(スルガ銀行の401kシステム会社)から、3月の年度末締めでの確定拠出年金の資産状況お知らせの明細書が届いていた。自分のポートフォリオの損益状況は、拠出金総額135万に対して現時点で176万円と、プラス40万円(+30%)という途中経過だった。

金融危機時も有無を言わさずドルコストで投資を続ける為、自分のような確定拠出年金を初めて時間が短い人は、割と簡単にプラス圏に行っているはずだ。もっとも自分の場合、新興国株式(JPM・BRICS5ファンド)にも投資しているから、世間一般よりも回復は早いだろう。

とはいっても、自慢している訳でもなければ、ぬか喜びするつもりもない。これはあくまで現時点の状況であって、本当に大事なのは約30年先に自分の資産がどうなっているかだからね。含み益はあくまで途中経過であり、利益が確定した訳ではないのだから。

しかし、ひとつSBIベネフィットに注文するとすれば、この報告書にせよWEB画面にせよ、ちゃんと投信毎の損益パーセンテージを出して欲しいことだ。何かWEB画面では、投信と預金という具合に、とんでもなくおおざっぱにしか分類されていない・・・これもひとえに、多くの人が確定拠出年金で銀行預金ばかり大量に配分しているからだろう。日本人のホームカントリーバイアスの強さには辟易するわ。ちなみに自分の401kポートフォリオは、円建て資産は一円たりとも投資してませんよ(ノ∀`)。

テーマ : ポートフォリオ

プロフィール

3line

Author:3line
人生の紆余曲折を歴て、市場の暴落とファンダメンタルインデックスを愛するようになった、希有な個人投資家。海外投資データバンク管理人。
詳しくはプロフィールページにまとめています。

最近の記事
おすすめ記事
人気記事
カテゴリー
月別アーカイブ
ランキング
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村
ブログ内検索
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。