FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

KXI - ネスレ = XLP ・・・でいいのか?

少し前より、日本のネット証券でXLP( 生活必需品セレクト・セクター)というスパイダーのETFが購入できるようになっている。シーゲル派が愛してやまない「生活必需品ETF」の一種だが、信託報酬が0.16%と非常に安いことが魅力だ。ちなみにシーゲル派スレ住人が「俺達のKXI」と惚れ込む、繁ジイオヌヌメETF【KXI】の信託報酬は0.48%と、3倍もの開きがある。

なのに【XLP】の上陸の件は、インデックス投資家だけでなく、シーゲル派すらもほぼ無反応だ。分かってる人もそうでない人もごちゃ混ぜだとは思うが、一応理由を挙げてみると、XLPは「米国企業オンリーな生活必需品ETF」なことがネックだと言える。一方、KXIの方はグローバル対象なので、米国以外の企業も沢山混じっており、国際分散が効いている。

何せ、KXIで最大ウエイトを占めているのが、スイスの「ネスレ」であり、当然XLPにはネスレのねの字も含まれていない。KXIとXLPは根本的に別物だと言えよう。

まあKXIのネスレ以外は、特に大勢に影響を与えるような企業は無いし、そもそもXLPの米国企業の多くがグローバル展開しているから、極論すれば、この二つのETFの違いは、ポートフォリオ構築で「ネスレを取るか、コストの安さを取るか」の違いだと言える。ちなみに何年か前のうろ覚えデータではあるが、確かネスレの21世紀以降のEPS成長率は年7%を切っていたと思う。生活必需品セクターは安定成長企業が多いが、年7%未満ってのはそれを考慮しても、少々低成長な気がする。ネスレは途上国含め、あらゆる国に進出済みで、既に図体が大きくなりすぎた事もあり、もう高い成長は望みづらい体質なのだろう。

てことで、個人的には今後の資産運用の「繁ジイ戦略」の部分は、KXIではなくXLPの方がいいんじゃねえの?と思い始めてる所ですわ。ちなみにKXIの組み入れ企業数は100だが、XLPはわずか42しかない(当稿執筆時)。

・・・う~む、大丈夫なんすかねぇ(・∀・;)。
スポンサーサイト
プロフィール

3line

Author:3line
人生の紆余曲折を歴て、市場の暴落とファンダメンタルインデックスを愛するようになった、希有な個人投資家。海外投資データバンク管理人。
詳しくはプロフィールページにまとめています。

最近の記事
おすすめ記事
人気記事
カテゴリー
月別アーカイブ
ランキング
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村
ブログ内検索
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。